スイッチをカチッとするやつを作った

この記事は春の新歓ブログリレー16日目の投稿です

こーんにーちはー
現在修士課程2年生で就活真っ最中のおにぎりです.

さて,突然ですが普段私がいる研究室の学生室の照明問題についてお話します.
学生室の見取り図と照明,スイッチの位置関係は以下のようになっています.

お分かり頂けましたでしょうか?
そう,なぜかスイッチが2か所に分かれてしまっていて,照明Aを付けるためには僕の席のすぐ横のスイッチを押す必要があるのです.

そのため,照明A付近の人たちからよくスイッチの切り替えを頼まれたり,帰るときに照明Aだけ消し忘れてわざわざ中ほどまで消しに行くハメになったりと,非常に不便です.

というわけで,当研究室のロ技研部員である,僕と先輩のきむきむさんの2人でこの問題の解決に向けて動きだしたのです.

まずはこのプロジェクトのコンセプト決めです.

きむきむ「せっかく僕ら機械系だし,機械的に解決したいね」
おにぎり「そうですね.あ,こんなところにモーターが落ちてる!」
「「そうか,モーターでスイッチを直接押せばいいんだ!」」

といった感じで,僕らの中にはスイッチAの配線を入り口まで伸ばすという発想は生まれませんでした.
そうと決まれば行動は早い.コンセプトに沿って要求機能を踏まえながら仕様書を作成していきます.


▲仕様書の一部

スイッチを押す強さをフォースゲージで測定したり,意外と真面目に検討しています.
照明Aは僕の席からでも,入口からでも付けたり消したりできるようにします.

そして機械と回路の設計.
機構・デザインは僕,電装はきむきむさんに分業.


▲デザインはこんな感じ

というわけであとはパパッと作るだけですね.
コンセプトを決めてから5日目,完成したのがこちら.

いいですね~.
電気を使って電気をつけたり消したりする感じ.そしてその度に鳴るモーター音.たまりませんね.
研究室のみんなからも好評です.これでまた1つ,ラボの環境が快適になってしまったので研究が捗りまくります[要出典].

いかがでしょうか?
ものつくりは,作りたいと思ったときに作るのが1番楽しいのかもしれません.
作りたいもののアイディアがぞくぞく湧いてくるという新入生には特にロ技研がオススメです.

ではさーよーならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です