たのしいロボット帝国の紹介

こんにちは。たのしいロボット帝国、3代目国王の15 argです。
今日はたのしいロボット帝国の紹介をします。

この記事は新歓ブログリレー24日目の記事です。

たのしいロボット帝国とは

たのしいロボット帝国は、各個人が自由にものを作る研究室です。
研究室名に「ロボット」とついてはいますが、全員がロボットを作っているわけではなく、電子工作やプログラミングなど、各メンバーが自分のやりたいことをやっています。

活動は週2回、放課後に石川台の教室で行い、そこで各自が進捗を生んだり、初心者への講習を行ったりしています。

初心者への講習

初心者がロボットなどを作る場合、必要な知識や技術を独学で習得しようとすると、どうしても時間や手間がかかってしまいます。そこで、たのしいロボット帝国では、初心者の方に簡単なものを設計・製作してもらい、経験を積んでもらう、という簡単な講習を実施しています。

マイコン講習

マイコンとは、電子回路などを制御するために使用される、小型のコンピュータです。マイコンを使えるようになると創作の幅が大きく広がりますが、一部のマイコンは使い方が分かりづらく、初心者にはとっつきにくいものになっています。たのしいロボット帝国では、AVRマイコンやNucleoなどのマイコンについて、使用方法の講習を行っています。

AVRマイコン講習での製作物

リンク機構講習

ロボットに使用される機構の一つに、リンク機構があります。一見単純に見えるリンク機構ですが、雑に設計してしまうと、思わぬところでリンク同士が干渉してしまったり、過拘束でリンクが動作しなかったりと、製作物に問題が発生します。そこで、たのしいロボット帝国では、上級生の指導のもとで初心者の方に簡単なリンク機構を設計してもらい、設計の経験を積んでもらっています。

リンク機構講習での製作物

メンバーの製作物

たのしいロボット帝国では、各メンバーが個性的な作品を作っています。

双葉歯車


歯が2つしかない不思議な歯車です。立体的にねじることで歯車同士のかみ合いを生じさせています。片方の歯車を上下反対にすると回転方向が逆転する、という面白い特性を持っています。

振り子加振機


振り子を揺らす機械です。固有振動数の異なる3つの振り子が取り付けられており、モータを用いて加振することで複数の振り子を同時に揺らします。

コイルガン


指ぱっちんの音を認識して弾を発射するコイルガンです。指ぱっちんの音を学習させた畳み込みニューラルネットワークを使っています。

4足歩行ロボット


4本の足で歩くロボットです。12個のモータをうまく動かし、倒れないように進みます。スマホを用いて無線操縦を行います。

百葉箱


デジタルな百葉箱です。気温と湿度をセンサで読み取り、モニタに表示します。

ボイスチェンジャー


マイクで入力した音を変化させて出力します。複数のモードを搭載し、様々な声に変化させることが可能です。

最後に

たのしいロボット帝国は創作意欲のある人を応援しています。
4/17(火)の新歓展示で展示を行っていますので、興味があればぜひ見に来てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です