【MFT2018】自作CPU上でOSを動かしました

こんにちは、16のkura(@mochi_pako)です。

FPGAを使って、自作CPU上で簡易的なOS(xv6)を動かすことができたので、Maker Faire Tokyo 2018で展示します。

FPGA上にオリジナルのRISCV CPUを実装し、起動時にSDカードからOSイメージを読み出すことで動かしています。
UART通信による入出力の他に、PS/2キーボードによる入力や、ディスプレイ出力をできるようにしました。
また、とても小さなテキストエディタとアセンブラを使えるようにしているため、FPGA上での開発も一応できるようにはなっています。(全く実用的では無いですが…)

なかなか地味な作品ではありますが、是非見に来てください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です