[HCD2021] 世界最大のヒューマノイドを見に行こう!

みなさん,またお会いしましたね,20-Ao(@musclemusale)です。
え?あんたなんて知らない?心外ですね…私はいつも皆さんのことを見ているのに…

と,冗談は措いておいてホームカミングデイに合わせたオンラインの催しとしてのブログです。
今回は技術的なお話はとくにしない軽い記事にするつもりです。決して私の技術力がないからとかそういうことはありません。決して。

さて本題ですが,みなさん世界最大の可動型ヒューマノイドって何か知っていますか?
実は世界最大のヒューマノイド,日本にあるんです。しかも今なら間近で見ることができるんです!見てみたくないですか!?
ということで今回は「動く実物大ガンダム」のお話です!
(内容薄めです)

大岡山駅から約40分,東京湾に面し歴史とグローバルが入り乱れる横浜の街。

GFY
山下公園から

山下公園を歩いていれば嫌でも目に付くほど大きな建造物が噂の「動くガンダム」でございます。ギネス世界記録にも登録された世界最大の可動型ヒューマノイドです。
このガンダムはガンダムファクトリー横浜という施設の中に設置されており,近づくには入場料1650円が必要です。

入り口
ガンダムファクトリーヨコハマ入り口です

中に入ると開発中のモノクロ写真が掲載されています。味があっていいですね。

入り口通路
壁に製作時のモノクロ写真が貼ってあります

入場口を抜けると18メートルのガンダムが!毎時20分と45分に稼働演出を見ることができます。(21年5月現在)
ガンダム
18mの圧巻サイズです

演出1
歩き出して…

演出2
指を宇宙に向かって突き上げます

このガンダム,日本の科学技術の結晶なのです。2014年ごろからガンダムを動かすためのアイデアの募集が開始され,世界中の研究者,技術者の方々から応募がありました。それらのアイデアが各業界の専門家が検討し,日本の名だたる企業の協力によって実現しました。

案
考案された様々な案

これらの製作の軌跡やガンダムの構造などは施設内,ガンダムラボアカデミーで見ることができます。
展示
ガンダムラボでガンダムの仕組みなどを知ることができます

ロボットとは何かから始まり,二足歩行ロボット,ヒューマノイドロボットの歴史の展示,指,腰の可動模型や実際に製作の際に使用されたシミュレータの体験,動いているガンダム各部のモータの回転速度(rpm)やトルク値をライブで見ることのできるスクリーンなど様々な学びがある施設になっています。

展示2
モータのトルクやrpmをリアルタイムで確認できるスクリーン
hrp-2
HRP-2とWABOTも展示されています

指
個人的にお気に入りな指可動の模型。モータ一つで指の動きが再現されていて素晴らしいです。

18メートルの巨体が動くさまは写真や動画では絶対に伝わらない迫力があります。
ガンダムファクトリー横浜は2022年3月までの期間限定施設ですので,行っておけばよかった,とならないようにご自身の目で,お早めに見に行くことをお勧めします!!!また,21年5月現在,毎日18時40分~新しい演出が加わっています!この機会に見に行きましょうそうしましょう!(ダイレクトマーケティング)
それでは!

夜
夜も素敵です。

[参考資料]
ガンダムファクトリーヨコハマ内ガンダムラボ,アカデミーより
ガンダムファクトリーヨコハマオフィシャルブック, 発行 株式会社サンライズ, 2020年12月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です