工大祭展示「歪んだ空間で物理演算」

こんにちは。ロボット関連は何もしていないphi16です。前回の工大祭ではプログラミング言語みたいなものを展示した記憶があります。今回も変なの作りました。

ある時ふと「トーラス上で物理演算したい」と思ってしまったのが全ての始まりです。物理演算というのは物理世界をコンピュータでシミュレートするプログラムのことですが、世界というのは普通平坦な平面とか所謂三次元空間とかなわけです。

でも物理演算の計算自体はもっと変な空間でも出来るんじゃないかな?と思い、色々なことを考えて、色々な困難を解決したらうにょうにょ動くものができました。

歪んでる感ある。

というわけでいろんな空間の上で物体がすいすい動いたり物体を掴んで投げたりできるものを展示します。よかったら是非みてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です