[工大祭ブログリレー]CNCキーボード作ってみた(CAD編)

みなさま,ご機嫌麗しゅう.
深夜の公園でカップ麺をすする毎日を送っております,20-Aoです.ふしんしゃじゃないです

本日は先日より始まりました,「CNCキーボード作ってみた」シリーズCAD編でございます.
製作動機や仕様などは18-Hitomosi先輩の「仕様 / 回路編」をご参照ください.

Maquinistaの方々のような素晴らしい設計とは程遠い稚拙なものですが,どうかご容赦ください.

CAD編,とはいうものの,実は大方他の方が製作されていたものを引き継いだ形になります.ですので,内容としてはそこまでの密度はありません.ご勘弁を.
今回製作するキーボードの”ガワ”はCNCフライスを用いて製作することになりました.前任の方の設計は3Dプリンタでの製作を考えていたため,CNCフライスでの加工に適しません.

具体的な修正内容は,モデルの角にフィレットをかけるなど,です.例えば,PCのペイントソフトで,丸いブラシだけで角を描くことが難しいように,エンドミルを回転させて”円”で切削するCNCフライスでは内側直角を出すことはできません.
また,使用する部室のCNC(kuroという名前があります.かわいいでしょ.)では3次元加工ができないため,立体的なフィレットは出せません.

修正前の状態です.

これらの修正を試みたところ,結局最初から作り直すことになりました.

さらにこの後,端子が見えているとノットエクセレントということで,上部の厚みを増したのが以下の状態です.

修正等を施した後です

現在製作しているのはこの段階までです.

製作中にキーボードをアルミフレームに固定したい,というご意見をいただいたので,今後はそのような設計を進めていく予定です.また,実物が完成しましたら,追記させていただきますので,しばしお待ちください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です